主婦の稼ぐ副業

サイトの説明

主婦が副業を始める前にしておきたい準備5選

更新日:

主婦が副業を始める際には、いくつか事前に準備しておきたいことがあります。

そのへんをおろそかにしてしまうと、いざ副業を始めてから問題が起こり、場合によっては副業も続けられなくなるといったことが起きかねないからです。

会社に出勤するタイプ、在宅のタイプどちらの場合であっても、副業を始める前にまずは5つのことをチェックしましょう。

1.税金の配偶者控除をチェック

現在主婦で世帯主(夫)の扶養家族となっている場合、市民税・国民健康保険の決定金額に「配偶者控除」が適用されているはずです。

現在は配偶者控除のランクが引き上げられ、「年収201万円未満」が控除対象収入となります。月額にして16万円強となるので、パートタイマーならばほぼ問題ありませんが、副業の種類によってはボーダーラインを超えてしまうケースもあります。

配偶者控除が受けられないと、税金を高く支払うことになるので、トータルで考えると能率が悪くなってしまいます。

将来的なことを見据えて打ち込めるような副業ならばそれでもかまいませんが、経済的な理由のみで副業をするのであれば労働対価が悪くなります。

副業を始める前には必ず税金の配偶者控除枠をチェックするようにしましょう。

2.家族の同意は得られているかをチェック

男性の副業と違い、主婦の場合は「家族の同意」を得ることが大切です。

主婦は気づかないまま家事や育児にかなりの時間を取られていますから、副業を始めるとそれらがおろそかになるのはいたしかたないことです。

そこで、家族の同意が得られていないと、いくら家計のために頑張っていても家族内から不満が持ち上がり精神的にもつらくなります。

実は、主婦の副業で失敗してしまうケースで一番多いのがこのパターンです。

子供からならまだしも、家計のことをある程度しっている夫からの不満を聞くと、たちまちやる気を失くしてしまうので、事前に家族会議をして明確に同意を得てから始めましょう。

3.時間制限のある副業かどうかをチェック

副業によっては、本業の正社員と同様に拘束時間を多く取られることもあります。

比較的自由時間が確保しやすい在宅ワークであっても、納品期限に迫られるものも少なくないのです。

本業ならば仕事を最優先にすることができますが、あまり稼げていない副業ではそうもいきません。

また在宅ワークなどでは、季節性が薄く盆正月やクリスマスなどのイベント時期など関係なしに仕事をしなくてはならないものもあります。

主婦が副業を探す場合には、シフトを自由に設定できるようなものかをチェックしておくことが大切です。

4.本業を持っている場合の就業規則のチェック

兼業主婦ですでに本業で仕事を持っている主婦の場合には、その会社の就業規則の中に「副業禁止」の規則がないかどうかをチェックしましょう。

よくわかららない場合には、副業を始める前に上司などに相談してチェックしておくと安心です。

在宅ワークなどによっては、不定期でスポット的に収入を得るようなタイプの副業もあるので、そういったものならば容認されることも多いようです。

5.時間を詰め込みすぎていないかをチェック

副業をする際には、経済的な理由があって焦っていたり、将来を見据えて新しいことを始めるので気負っていたりすることで、ついつい”頑張りすぎてしまう”ということがよくあります。

しかし体力には限界がありますから、最初は良くても次第に疲れが溜まり、最悪のケースでは体を壊してしまうということも少なくないのです。

とくに在宅ワークなど座ってする仕事は、単純に労働時間と報酬を計算してしまい無理をしがちです。

病気になってしまい、病院の治療代で大きな出費がかかってしまうと本末転倒になります。

無理に時間を詰め込みすぎた計画を立ていないかもチェックしておきましょう。

まとめ

何事も事前の準備が必要です。

副業はつい簡単に考えてしまい、後から後悔をする主婦も多いのです。

とくに税金関係など収入に大きく影響するものに関しては、詳しい人に教えてもらうなどして失敗のないようにしましょう。

Copyright© 主婦の稼ぐ副業 , 2019 All Rights Reserved.