主婦の稼ぐ副業

サイトの説明

兼業主婦の副業で会社バレしないための4つの方法

更新日:

現在主婦で仕事を持っている人の中には、勤めている会社で副業が禁じられていることもあります。

最近では、政府の方針でも労働力不足の解消のために、企業へ副業禁止規定の緩和を呼びかけていますが、まだまだ浸透しきれていない状態なのです。

勤めている会社に副業がバレるケースでは、いくつかの共通点があります。

ここでは会社バレせず副業をするための4つの方法を解説しています。

1.住民税の申告(雑所得の場合)

本業がある主婦が副業をしていることをバレないようにするためには「住民税の申告」に注意をする必要があります。

会社員の場合には、毎年の確定申告は会社の経理が代行してくれるのですが、副業で源泉徴収が上がってしまうと税額が増えることで副業が発覚してしまうのです。

ネットビジネス系の在宅ワークやユーチューブやウェブページでの広告収入などは、低額のケースでは「雑所得」になります。

この雑所得でも源泉徴収が引かれる場合には、自分で確定申告をします。

確定申告を自分でし、第二表の「給与・公的年金等に関わる所得以外の所得に関わる徴収方法の選択」の項目を「自伝で納付」にすることです。

この方法を使うことで、本業のい所得分の住民税決定通知書が自宅に届くので会社バレをすることがありません。

ただし、雑所得でも継続的に収入がある場合には「事業所得」とみなされることもあるので、注意しましょう。

市区町村への申告(給与所得の場合)

副業が会社に所属しての給与所得である場合には、市区町村の自治体に交渉してみましょう。

副業所得分の住民剤を天引きから普通徴収にしてもらうことができれば、本業で勤めている会社へ、税金の干渉はなくなります。

ただしこれは自治体によって判断が違い、申し受けてくれないケースもあるので、副業を始める前に問い合わせしておかなければなりません。

周囲の人に副業のことを話さない

税金関係以外で副業が会社バレするケースで最も多いのが「周囲に話したこと」です。

”密告”というわけではありませんが、意外なところから隠し事はバレるものです。

会社の同僚はもちろん、取引先の人など会社関係の人物に副業の事実を匂わさないように注意しましょう。

就業規則をもう一度確認する

冒頭でも書きましたが、現在の日本は少子化などの理由で就労人口が大幅に減少していることから、政府・経団連が各企業に対して副業禁止の規定の緩和を呼びかけています。

本業としている会社に就職をした頃には副業を禁じていた企業でも、現在では容認している可能性もあります。

上司や先輩など就業規則に詳しい人に、副業を始める前に軽く相談してみるものいいかもしれません。

もしそこで了承されれば、ここまで解説してきた手間のかかる方法を使わなくても、堂々と副業を始めることができ、理想的な環境をつくることができます。

現在では名だたる大手企業が副業を容認し始めているので、勤めている会社も就業規則を変更している可能性もあるのです。

まとめ

経済的な理由で副業を始めたのに、会社バレして本業に悪影響が出ると本末転倒です。

就業規則をもう一度見直し、税金対策などを工夫して会社バレがしないことが明らかになってから副業を始めることが大切です。

Copyright© 主婦の稼ぐ副業 , 2019 All Rights Reserved.